前へ
次へ

肩こりの急性と慢性の特徴

そう簡単にいい方向に向かわない肩こりには、温めることが効果が見られますが、実際のところ急な場合にはあっていない解決手段です。 いつも症状に気が滅入っている人は、恒常的なケースがほとんどを占めるため、温かくして体内血液の流れを促すことで解消に結び付きます。 急性に対しては、冷やす対処が合理的です。 いつも肩こりに頭を悩ましていない人が、肩に対してプレッシャーをかけたり刺激されることにより、いきなり肩こりがもたらされてしまった急性については、温めるよりも冷やすほうが効果を発揮します。 急性は、筋肉に炎症が起きているため、患部をクールダウンして炎症を解きほぐしましょう。 冷やすテクニックは、冷湿布並びに氷を使うと効果が期待できます。コリをほぐすより、炎症を減少させるのが目的ですから、痛みの部分だけを温度を下げることが重要です。 肩こりの状況にしたがって、冷やすべきかあったかくするべきかふさわしい応対を判断し、選ぶと良いでしょう。

Page Top