前へ
次へ

めがねやコンタクトレンズが肩こりの原因になる

視力を矯正するアイテムとしてめがねやコンタクトレンズがあります。一部の老眼鏡は100円ショップに売られていたりして、急場をしのぐのであればそれらを使ってもいいのでしょう。一般的には眼科などできちんと診察を受けて必要なレンズを検討してもらいそれをめがね店で調節してもらう方がいいでしょう。ピッタリのものを作れば目への負担も少なくなり快適に過ごすことができます。しかしそれを一生使い続けられるわけではありません。めがねやコンタクトレンズを使っている人の中に肩こりに悩む人がいるようですが、その原因として長く使っているめがねなどが影響している可能性があります。視力や目の機能は年齢によって変化するため、定期的に状況に合わせて作り変える必要があります。合わないめがねなどを使うと見えにくくなるので姿勢が悪くなり、それが原因で肩こりになる可能性があります。若い人なら数年に一度、中年を過ぎたらもっと短い間隔で診察を受け適切なめがねなどをするようにしましょう。

Page Top