前へ
次へ

急性の肩こりの場合はマッサージはやめよう

肩こりが起こる原因として長時間同じ姿勢でいる場合や、ストレスなども原因とされています。また長い期間同じ姿勢で仕事をしてきた事により、徐々にこりが蓄積されて慢性化されてしまった人なども多いです。肩こり自体はストレスや筋肉の緊張が原因となるので、定期的に運動やストレッチなどを行い筋肉をほぐし、ストレス解消のために趣味を楽しんだりとプライベートを充実させるといった方法が有効的です。様々な人が悩んでいる肩こりですが、なかに急性的に発症する場合もあります。急激に身体に負担をかけてしまった場合などに起こることがあり、前日まで問題なかったのに突然激しい痛みにおそわれる症状があげられます。この場合は通常の肩こりのように筋肉が緊張して固まってしまっているのではなく、刺激により筋肉などが傷つけられた事による炎症が原因と考えられます。その場合は肩部分が熱を持っていたり腫れている場合もあります。その際は改善方法としてマッサージをすると症状を悪化させてしまうので、その場合は病院で診察してもらうことが重要となります。

Page Top